債務整理をしたらクレッジトカードは使えないの?

債務整理をしたらクレッジトカードは使えないの?

債務整理をしたらクレッジトカードは使えないの?

現在、日本において消費者金融やクレジットカード会社からのキャッシング、そして銀行系カードローン会社からのカードローンなどで借金をした人がその借金を返せない状態に陥り債務整理をするというケースが非常に増えてきています。

 

消費者金融やクレジットカード会社、そして銀行系カードローン会社から借金をした債務者が行う債務整理については主に「任意整理」、「特定調停」、「個人再生」、そして「自己破産」の4種類の債務整理の方法があります。

 

これら4種類の債務整理は債務整理を行う事によって多くの債務者にとってのメリットがありますが、同時に債務整理を行った事によって自己破産デメリットなども生じてきます。

 

債務整理を行った場合に生じてくるデメリットとしてもっとも有名で実際に債務者の債務整理後に社会生活において不利益になる可能性があるデメリットは「クレジットカード会社から借金をしてそのクレジットカード会社に対して債務整理を行った場合、債務整理後の5年から7年の間はそのクレジットカード会社のクレジットカードを持つ事が出来ない」という点です。

 

そして重要な事は例えば債務者が契約していたA社のクレジットカードによる借金でA社に対して債務整理をして、同じく債務者が契約していたB社というクレジットカード会社では債務整理を行わなかった場合でもB社のクレジットカードはA社の債務整理後に使用出来なくなる可能性が極めて高い、という事です。


ホーム RSS購読 サイトマップ