債務整理の種類【個人再生について】

債務整理の種類【個人再生について】

債務整理の種類【個人再生について】

借金問題を解決する方法のひとつとして、「個人再生」という方法があります。

 

個人再生という債務整理の方法には、数多くのメリットがありますが、そのメリットのひとつに、借金の原因を特に問わないということがあげられます。
そんなことは当たり前ではないかと考える人もいるでしょうが、実はこれは非常に大きなことなのです。

 

「自己破産」という債務整理方法があります。
個人再生が借金の一部を減額するのに対して、自己破産は借金の全てがチャラとなります。
ここだけを見ると、自己破産のほうがはるかにメリットが大きいということになります。
しかし、メリットが大きいだけに、自己破産には様々な制限がかかります。

 

自己破産後に様々な制限がかかってくるのはもちろんのこと、自己破産をするためにも様々な条件が課されるのです。
その条件の一つに、借金の原因があります。
自己破産の場合、借金の原因によっては自己破産の対象とならない借金もあります。

 

例えば、虚偽の申告をした上で作った借金や、ギャンブルやホストやホステスといった浪費による借金などがそれです。
一方個人再生の場合には、ギャンブルや浪費によってできた借金であっても、返済能力さえあれば対象となるのが大きなメリットです。自己破産デメリットはこちら


ホーム RSS購読 サイトマップ