債務整理後の生活<住宅ローンは組める?>

債務整理後の生活<住宅ローンは組める?>

債務整理後の生活<住宅ローンは組める?>

債務整理を行うとローンは組めなくなりますが、ある程度年数が経つと組むことができるようになります。

 

そもそも債務整理をすると何故ローンが組めなくなるのでしょうか。

 

ローンの申し込みをすると、まず初めに審査があります。

 

その審査時に業者は信用情報を扱う機関で、過去の返済履歴や借入履歴を照会します。そのうえで収入などと照らし合わせて、総合的にローンが組めるかどうかの審査をします。

 

債務整理など自己破産したら、その記録が機関に残っている間は審査に通ることは難しいでしょう。

 

では、信用情報機関にはいつまで記録が残っているのでしょうか。機関はいくつもあり、それぞれで定められた保存期間が異なるため一概には言えません。

 

一般的には、破産や個人再生の情報の場合は7~10年間といわれています。

 

だいたい5~7年経過すると新たなローンを組むことができるケースも多いようです。

 

また、信用情報はあくまでも新規ローンの参考にされるものですので、申し込みをしたローン会社や金融機関によっては、債務整理の情報が残っていてもローンを組める場合もあります。

 

債務整理をしてしまっても、すぐには無理ですがいずれローンを組むことは可能です。

 

ですが債務整理をする状況に陥らないよう気を付けることも大切です。


ホーム RSS購読 サイトマップ