債務整理のデメリット<借金解決のために知っておくべきこと>

債務整理には自己破産や任意整理、個人再生に特定調停といった方法があり、それぞれ借金の問題を解決する事ができます。

 

自己破産は皆さんがご存じの通り、それまでの借金の支払い義務が無くなる為、借金問題を大きく解決できますし、他の債務整理も利息がカットされる借金の額自体が大幅に減るので、金銭的な負担は軽減されるでしょう。

 

このように借金問題を解決にはメリットの多い債務整理ですが、はやりメリットもあればデメリットもあるので、その点は注意したいものです。
債務整理のデメリットとして挙げられるのが、ローンを組んだりクレジットカードを作る事ができなくなるという点です。

 

債務整理を行うと信用情報機関に、その情報が登録されてしまうので社会的な信用が無くなり、ローンやクレジットカードを作る事はできなくなります。

 

信用情報機関はあまり馴染みの無い言葉ですが、信用情報機関とは実はブラックリストの事なんです。
信用情報機関に登録された情報の事を、巷ではブラックリストと呼んでいます。

 

一般的に自己破産と個人再生の場合は約7年から10年、任意整理と特定調停の場合は約5年間程はローンを組んだり、クレジットカードを作る事はできません。